インフラのフリーエンジニアに必要なスキル

インフラフリーエンジニアとして仕事をするためには、やはり現場で必要なスキルを身に付けていなければ、仕事に生かすことは出来ません。様々な知識や技術、スキルを持っていても、現場で通用しなければ意味がないのです。

では、インフラフリーエンジニアとして活躍するためには、どういったスキルが必要となるのか、ご紹介しましょう。仕事というと、「やる気さえあれば、何とかなるだろう」と思われる方も多いと思います。確かに、やる気さえあれば、何とかなる職種もあるでしょう。しかし、IT業界の場合には、それぞれの分野のスキルや知識を持っていなければ、どんなにやる気があっても仕事をこなすことは出来なくなってしまいます。

「今まで、長いエンジニア経験があるから何とかなるだろう」と思っている方もいると思いますが、インフラエンジニアとして活躍するためには、エンジニアの技術や知識だけでは足りません。インフラエンジンとして活躍するためには、それ以外にも必要な知識がたくさんあるということなのです。

また、インフラエンジニアとして活躍する際にも、どういった企業に勤めるかによって、求められるスキルが変わってきます。当然、動くことが要求されますが、限られたソースだけを使って効率よく動かすなどが求められるため、こういったスキルは大前提といえるでしょう。インフラの要件や設計などが出来れば、より活躍の場は増えることになります。こういった経験を積んでいくことが出来れば、インフラフリーエンジニアとしても大きな活躍が出来るのではないでしょうか。

簡単に「エンジニアの経験が長いから、インフラの仕事もなんとかなるだろう」と思ってはじめると、現場で全く通用しないこともありますので、事前にインフラエンジニアとしてのスキルを身に付けてチャレンジすることが大切です。そうすれば、基礎スキルに経験が積み重なり、より自分が望むインフラ案件に参画することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インフラの魅力と将来のステップイメージをお伝えします☆