インフラ系の仕事の特性とやりがいの在処

どんな仕事をしていくにあたっても自分のした仕事に対して満足を得るということはその仕事を続けていく原動力となるものです。その満足の得方は客観的な評価である場合もありますが、自分のした仕事への自己満足による場合もあります。

どちらが重要と考えるかは人それぞれですが、自己満足を求める気持ちが強く、そのために努力できるというエンジニアにとってインフラ系の仕事は天職ともなりうるものです。IT業界で華々しい舞台で活躍することができるのがSEであるというのは多く人が知っていることであり、客観的な評価によって満足を得たいという人にはSEとして成功するのが最も良いキャリアとなります。

その真逆に当たるのがインフラ系の仕事であり、実質上あまり陽の目を見ることはありません。企業などで基本となっている情報システムを安定して運用できるようにするということがエンジニアとしての仕事になりますが、企業としては安定してシステムが利用できているというのが当然と捉えられてしまうことが多いのです。

そのため、仕事をして大きく賞賛されるということがあまりないのが事実であり、地味に仕事をしていくことになります。しかし、自分が日々システムの維持を行っているからこそ安定してシステムを運用できているのであり、自分がいなくてはならないということを感じて仕事ができるのがやりがいになります。それをモチベーションにできる人に向いている仕事なのです。また、表で活躍するよりも縁の下の力持ちを喜びと感じることができる方も、インフラの分野がマッチすると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インフラの魅力と将来のステップイメージをお伝えします☆